巨6―7神(11日)

阪神が競り勝つ

©一般社団法人共同通信社

9回、決勝本塁打を放ち、笑顔で三塁コーチとタッチする阪神・大山(左)=東京ドーム

 阪神は2度リードを失いながらも粘って競り勝った。6―6の九回に先頭打者の大山の右中間への本塁打で勝ち越した。藤川が八回から登板して2回無失点で勝利投手となった。

 巨人は4番岡本が2ランを含む3安打4打点と気を吐いたが、六回以降は無得点に抑え込まれた。投手陣も2番手の桜井が1回0/3を3失点と踏ん張れなかった。