【ボクシング】井上尚弥vsドネアの決勝、弟・拓真のタイトル戦がWOWOWで11月9日に放送決定

©株式会社ヨシクラデザイン

 11月7日(木) さいたまスーパーアリーナにてワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)のバンタム級決勝戦、WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と5階級王者でWBAスーパー世界バンタム級王者のノニト・ドネア(フィリピン)による王座統一戦が行われる。

 WOWOWの「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」では、 11月9日(土)に放送することが決定。WBSS決勝戦の他に前座で行われるWBC世界バンタム級タイトルマッチ、正規王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)vs暫定王者・井上拓真(大橋)も放送する。

 地上波ではフジテレビが生放送するとも聞こえてくるが公式サイトなどでの正式発表はまだ無い。  
 また10月28日(月)のWOWOW「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」では、WBSSバンタム級決勝に先がけてこれまでの戦いを振り返る。

 約1年に渡って繰り広げられてきたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)もついに決勝を迎える。

井上がこの一撃でパヤノを70秒でマットに沈めた=WBSS1回戦

 18年10月7日、井上尚弥は、WBSS初戦で元王者ファン・カルロス・パヤノを1Rわずか70秒でKO勝利、19年5月18日(イギリス現地時間)のWBSS準決勝で過去最強の対戦相手ともいわれた全勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲスを2R1分19秒でTKO勝利、とここまで圧倒的な強さを見せて決勝へ進出した。

 対する5階級王者のノニト・ドネアは、WBSS初戦は対戦相手のWBAスーパー王者ライアン・バーネットの棄権により4R終了TKO勝ちを収めると、準決勝ではアメリカのステファン・ヤングを得意の左フック一発で6RKO勝ちし決勝へコマを進めてきた。

 決勝の舞台は井上も希望していた日本開催(さいたまスーパーアリーナ)。ホームの圧倒的な声援を受け井上が優勝するのか、それとも36歳のレジェンド、ドネアが豊富な経験を生かし、トーナメントを制するのか注目が集まる一戦だ。

<WOWOW番組情報>

★「エキサイトマッチスペシャル WBSS決勝戦 井上尚弥 vs ノニト・ドネア」
【放送日】 11月9日(土) 夜9:00~
WBSSバンタム級決勝/WBA・IBF世界バンタム級王座統一戦:井上尚弥vsノニト・ドネア
WBC世界バンタム級タイトルマッチ:ノルディーヌ・ウバーリvs井上拓真

★「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」
【放送日】10月28日(月)夜9:00~
WBAオセアニア ミドル級タイトルマッチ:ジェフ・ホーンvsマイケル・ゼラファ
~世紀の決戦まであと少し!WBSSバンタム級これまでの軌跡~

井上尚弥(左)とドネア (c)Naoki Fukuda/提供:wowow