琴海マルシェ 盛況 手作り雑貨や無農薬野菜、お菓子

©株式会社長崎新聞社

手作り雑貨や食べ物の店などが並んだマルシェ=長崎市琴海活性化センター「四季彩館」

 長崎市琴海地区に人を呼ぼうと、同地区にUターンした店主らが企画した「琴海じげもん・きたもん・よかもんマルシェ」がこのほど、同市長浦町の市琴海活性化センター「四季彩館」で開かれた。物販ほか体験コーナーなどもあり、大勢の人でにぎわった。
 一昨年、東京から長崎に戻り、同市琴海戸根町にカフェレストランを開いた樋口英雄さん(61)、明子さん(58)夫妻が呼び掛け、地元はじめ県内外の約50店舗が軒を連ねた。
 レザークラフトなどの手作り雑貨や無農薬野菜、ハーブティー、ピザ、菓子など食べ物の販売や、手相占い、アロマスプレー作り体験などが勢ぞろい。会場はよい香りと活気であふれ、訪れた人たちが買い物や店とのやりとりを楽しんだ。
 樋口さん夫妻は「琴海地区を貫く国道は素通りする車が多い。天気にも恵まれ、たくさんの人に来てもらえてよかった」と話した。