嵐5人が自然体で「ハピネス」を表現! 全員が求める未来の家電とは?

©株式会社東京ニュース通信社

日立グローバルライフソリューションズ株式会社は、2010年から嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)を起用している日立家電シリーズの新CM「ハピネスの家」篇を10月12日からオンエアする。

CMは、事業スローガンである「360°ハピネス~ひとりひとりに、うれしい暮らしを~」のもと、一人一人に寄り添い、暮らしをしっかり見つめて、新しい幸せをもっと生み出す家電へとの思いを込めたキャンペーンワード「ハロー!ハピネス」をテーマにストーリーを展開。今回の新CMは嵐を起用して10年目ということで、嵐のメンバー全員が登場し、木漏れ日が差す明るい森のなかに置かれたミニチュアの家を囲み、メンバー全員で日立の家電がもたらす「ハピネス」を本気で考え、語り合う。

木漏れ日が差す森のなかで、嵐の5人がミニチュアの家を興味津々でのぞき込み、家の間取りや家具の配置を見ながら「結局自分の家が一番落ち着くのってなんでだろうね?」「はぁ~~っとか言っちゃったりね」「わかる~」「毎日帰る場所だからね~」「家でゆっくりするのがいいじゃん」と、家で過ごす時間に思いを巡らせる。そこで、外からスマホで洗濯がスタートできる洗濯機や、自動で洗浄してくれる(凍結洗浄)エアコン、火加減おまかせのレンジ、使い方を選べる(ぴったりセレクト)冷蔵庫が紹介され、家で過ごす時間の大切さと、日立の家電がもたらす「ハピネス」について楽しそうに嵐のメンバーが語る。

撮影は5人の自然な姿を捉えるためフリートーク形式にし、ミニチュアの家を自由にのぞき込んでいる姿を撮影。監督は「時間(のこと)もあるので、基本、止めないでいきます!」と5人がそろう貴重な時間を無駄にしないように意気込んでいたが、嵐のメンバーは最初からそれぞれがミニチュアの家を回り込んでのぞき込んだり、肩越しに見てみたり、アドリブで「こんな家に住んでみたい!」と会話がはずんだりと、まるで打ち合わせをしたような動きと会話を見せた。そんな嵐のメンバーから出る自然な会話と雰囲気に監督も「雰囲気がいいね! 楽しいね!」と大絶賛。メンバーからも「自然にやっていただけだけど、いい感じだったね!」と、意識しなくても抜群なチームワークをみせ、撮影を楽しんだようだった。

また、今回はメンバーのわずかな表情や動きを見逃さないように、カメラ5台を使用して撮影。アングルが変わる際にセッティングに時間がかかってしまうため、監督が「撮影の準備できた人は手を挙げて知らせて!」とスタッフへ声をかけると、嵐のメンバー全員がカメラ前で笑顔で「はい!」と息ピッタリなタイミングで手を挙げて知らせる場面も。そんなメンバーのおちゃめなしぐさに現場は一気に和み、終始和気あいあいとした雰囲気の撮影となった。

さらにフリートーク形式の撮影中、「未来の家電」について話が盛り上がり、二宮が「どんな家電が欲しい?」とメンバーに聞くと、相葉が「みんな欲しいと思うけど、自動セリフ覚え機!」と答え、他のメンバーから「あ~」と納得の声が。しかし、松本に「どこに付けるの?」と質問されると、少し考えて「ん~内臓?」と、まさかの返答に全員笑いながらも「(日立さんに)頼んでみなよ!」と実現に期待しているようだった。また、大野は欲しい未来の家電を「自動間接照明」と答えるが、全員から「それって…もうあるんじゃない?(笑)」とツッコミを受け、照れ笑いを見せていた。

撮影を終えて、櫻井は「今回はけっこうフリーな感じで撮影して、普段の…ってことはないけど(笑)、ナチュラルな感じでしたね。セリフがあって、ということではなかったので」と自然体で臨んだよう。スタッフ含め抜群のチームワークにより予定よりも2時間早く撮り終えたそうで、松本は「僕らのノリが映っているCMになっていると思いますよ。出来上がりが楽しみ」と期待。しかし相葉は、「どこまで使ってくれるのか分かんないけどね(笑)」と心配な様子で、二宮が「出来上がったら一言もしゃべってないとかあるかもね」と話すと、松本も「たまにあるからね。そういう時」と笑いを誘った。

さらに、それぞれの「ハピネス」な時間について聞いてみると、相葉は「仕事終わって、家帰って、ソファーに座って、松本くんにもらった電気のドリルがあるのだけど、体をケアする道具が。あれをガーっと当てながらテレビを見ている時。一番至福だなぁ」と幸せそうな笑顔を見せた。これには松本も「うれしいな。使ってくれているの」と喜んだが、「(大野の膝をたたき)全然使ってくれないもんね。買ったままの状態で楽屋に置いてあったもんね」と大野をチクリ。すると大野は、「いや、これから使う。ツアー用だから」と言い訳するも、すかさず松本が「ツアー、半分終わったよ! もう半分回ったわ!」と突っ込み、その絶妙な掛け合いに全員が大笑い。

その大野は「スーパーで自分の食べたいものを選んでいる時」とハピネスな時間を話し、最近は皮からギョーザを作ったそうで、「包んで、焼いて、ちょっと食べて、余っちゃったものは冷凍して」と明かすと、松本が「冷凍するんだね。じゃあ今度、持ってきてよ。楽屋で焼こうよ」と大野作のギョーザをリクエスト。すると大野が、「本当? 持ってくるわ。プレートも持ってくるね」と楽屋でのギョーザパーティーを約束していた。そして二宮は「俺は家帰って、それこそ通話も可能なヘッドホンして、ゲームの人たちと“今日こんなことがあった”とか話してる時が一番幸せかな」とゲーム好きとして知られる二宮らしい至福の時間を挙げた。

また、松本は「基本的に仕事が早く終わった日とかは、外でご飯を食べることがあるので、そうすると、友達と合流するんですよ。待ち合わせして。たいてい僕が先に着くので、先に着いて友達を待っている時間は至福の時ですね」と回答。すると櫻井が「1人で? それが至福なら、いっそ友達来なければいいのに(笑)」と冗談めかして言うと、「友達が来るまでのわずかな時間がいいのよ(笑)。1人でちょこっと飲んでいる時間が、なんかよくて」と大人な時間の過ごし方を告白。最後に櫻井は「それで言うと、最近すごく海外の仕事が多くて。飛行機でできることっていろいろあるじゃないですか。あれが好きですね。映画見たりとか、お酒飲んだりとか。1人の時間のような感じがして」と松本同様、1人の時間を楽しんでいるようだ。