観光客のごみ引き取ります

奈良市が実証実験開始

©一般社団法人共同通信社

観光客のごみを引き取る実証実験の案内

 奈良市は、観光客のペットボトルや食べ物の容器といったごみを飲食店などの施設が無料で引き取る実証実験を12日から開始した。観光客の増加でごみの処理が課題となっている上、シカがごみを食べて体調を崩す被害が問題化しており、対策が目的。12月27日まで。

 市によると、近鉄奈良駅近くの飲食店や総合観光案内所など11施設で実施。店員や職員らに手渡しする。日本語に加えて英語や中国語、韓国語が書かれたチラシを掲示する。空き缶などの小さなごみは引き取るが、おむつや大きいごみは回収しない。

 市はごみの量や種類を調査し、2020年度の取り組みの方針を検討する。