2歳の娘が洗濯物をぐちゃぐちゃに…。あえて止めずに見守ってみた結果

©株式会社サンケイリビング新聞社

2歳の娘が洗濯物をぐちゃぐちゃに…。

小さな子を持つみなさんは、洗濯物を取り込んで畳むときってどうしていますか?

わが家の娘は2歳4カ月。少し前まではお昼寝中にササッと終わらせていたのですが、最近は思い通りの時間に寝てくれなかったり、お昼寝そのものをすっ飛ばしたりするので、洗濯物の山にダイブしたくてうずうずしている娘の猛攻をかわしながら衣服を畳む日々。

隙あらばカゴに入れた服たちを引っ張り出すので、腕でガードし、押し返し、取って取られての攻防戦。

先日も乾いた洗濯物を畳んでカゴに入れておいたのに、引っ張り出されてぐちゃぐちゃに。やれやれ…と思いつつ、ちょっと見守ってみることにしました。

すべての衣服を引っ張り出してぐちゃぐちゃに丸めたあと、今度はそれをまたカゴの中へ。

これは、もしや…?

娘としてはぐちゃぐちゃにしてるんじゃなくて、畳んでカゴに入れている…つもりなのでは?

いつも母がしていることを見よう見まねでしているのでは(できてないけれど)?と思った私、しばし観察。

すべての洗濯物をカゴに乱雑に突っ込み…もとい、カゴに収納すると、ズルズルとひっぱってクローゼットの方へ。

タンスの前に陣取ったところをみて確信しました。引き出しのストッパーを外して開けてあげると、「ヨシ!ココ!」と言いながらどんどん中にしまってくれるではありませんか。

いつも邪魔してくるだけだと思っていたけど、娘なりに手順を覚えてお手伝いしてくれようとしてたんですね。

きちんと私のやり方を見て覚えてくれてたんだなあ…と思いちょっと感動してしまいました。

お手伝い、ありがとう

すべての衣服をしまい終えてご満悦の娘、ちゃんと空になったカゴも元の場所に片付けてくれました。

空のカゴをズルズル引きずってきた道を戻っていく娘を見つつ、下着コーナーに突っ込まれたぐちゃぐちゃのブラウスや、靴下コーナーで丸くなっているポロシャツを畳み直しながら、娘の成長をかみしめた秋の昼下がりでした。

(文/けろまい まいこ)