「大雨特別警報」 7都県に発表

群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県

©株式会社ウェザーマップ

12日(土)午後3時30分の大雨特別警報発表地域

 きょう12日(土)午後3時30分、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県に「大雨特別警報」が発表された。
 これらの地域では、台風19号の影響ですでに猛烈な雨や非常に激しい雨が降っており、これまでに経験したことのないような大雨となっている所がある。何らかの災害がすでに発生している可能性が高く、警戒レベル5に相当する状況。最大級の警戒が必要だ。

大雨特別警報とは

 その地域で数十年に一度の記録的な大雨となっていて、命に関わる重大な災害が迫っている状況の際に発表される情報。最大級の警戒が必要となる。

警戒レベル5とは

 5段階ある警戒レベルの中で最も高く、すでに何らかの災害が発生している可能性が極めて高い状態。命を守るための最善の行動をとる必要がある。