平成元年の名勝負「10・12」とは? 令和元年に、30年前の激闘を振り返る

©株式会社Creative2

平成最初の名勝負「10・12」を振り返る【画像:パーソル パ・リーグTV】

平成元年のパ・リーグは、西武、近鉄、オリックスによる僅差の三つ巴に

 新元号「令和」が制定された2019年。今からさかのぼること30年前の1989年は、当時の新元号「平成」が制定された年でもあった。この年のパ・リーグは近鉄、西武、オリックスの3チームが史上まれにみる僅差の優勝争いを繰り広げ、最終盤まで白熱したペナント争いが続けられた。

 そんなシーズンを象徴する1日とされているのが、後に「10.12」と呼ばれる西武と近鉄のダブルヘッダーだ。リーグ4連覇中の西武に、前年に伝説のダブルヘッダー「10.19」の末に涙をのんだ近鉄が挑んだ、パ・リーグにおける平成最初のドラマ。それからちょうど30年が過ぎ、新たな元号を迎えた今、あらためてその熱き戦いを振り返っていきたい。

 近鉄は1988年に前年最下位から大躍進を見せたものの、惜しくも勝率わずか2厘の差で常勝軍団・西武の後塵を拝して2位に終わっていた。大石第二朗、新井宏昌、村上隆行、小野和義と好選手も多く、戦力も整いつつあったこの年は、前年の躍進もあって優勝候補の一角に。日本中の関心を集めた「10.19」の悔しさを、“悲劇の主役”となったチームが晴らせるかが注目されていた。

 前年、大麻の不法所持で逮捕されたリチャード・デービスの穴をシーズン途中入団のラルフ・ブライアントが埋めたように、この年もチームの新陳代謝は機能していた。かつてMLBで本塁打王に輝き、近鉄でも2年続けて打率3割、20本塁打をクリアしていた大ベテランのベン・オグリビーが1988年限りで退団したが、開幕直後に入団したハーマン・リベラが勝負強さと長打力を兼ね備えた打撃を披露し、後釜の4番として打線を機能させた。

 この年の近鉄を紹介するにあたって、加入2年目を迎えたブライアントの存在は語り落とせない。前年にわずか74試合で34本塁打を記録した大砲は、この年は6月までの3カ月間で18本塁打、打率.239と絶好調とはいかず。特に6月はわずか2本塁打、打率.191とスランプに陥っていた。チームも6月末の時点で27勝26敗4分けと勝率5割付近にとどまり、37勝19敗1分けで勝率.661だったオリックスに大きく水をあけられていた。

 しかし、ブライアントは7月に入ると11本塁打、打率.321と一気に調子を上げ、8月にも9本塁打、打率.310と、たった2カ月で20本塁打を荒稼ぎ。それと呼応するかのように、チームも2カ月連続で月間14勝を記録して大きく復調した。途中加入をきっかけにチームの成績を大きく上昇させた前年同様、頼れる助っ人の打棒がチームを上昇気流に乗せていった。

 王者・西武はスタートダッシュに失敗し、4月を終えた段階で6勝10敗の最下位というまさかの事態に陥っていた。そんなチームの救世主的存在となったのが、6月に入団したオレステス・デストラーデだった。

 翌年から3年連続本塁打王、2年連続打点王に輝く「カリブの怪人」は、シーズン半ばの6月20日からの出場ながら、83試合で32本塁打と凄まじいペースでアーチを量産。6月末の時点で23勝25敗4分けだったチームも、大砲の加入と歩調を合わせるかのように息を吹き返し、9月末には僅差ながら首位を奪還するほどのV字回復を見せた。

 シーズン最終盤の10月に入ってからも近鉄、オリックス、西武の三つ巴の争いは続き、1日ごとに情勢が変わるほどに拮抗した展開となっていた。そんな中で行われる、10月10日からの西武と近鉄の直接対決3連戦が極めて重要な意味合いを持つことは明らかだった。この時点で西武に2ゲーム差をつけられていた近鉄は、1試合敗れた時点で優勝から遠ざかるという、まさに絶体絶命の状況に追い込まれていた。

 3連戦の初戦は西武・渡辺久信、近鉄・山崎慎太郎という実力者同士の投げ合いにより、1点を争う緊迫した展開に。2対2で迎えた8回、リベラが渡辺からこれぞ4番という値千金の決勝本塁打を放って近鉄が先勝。続く11日の試合は雨天中止となり、翌12日にダブルヘッダーが組まれることになった。

 この時点で1位西武と2位近鉄のゲーム差は1、近鉄と3位オリックスのゲーム差はなし。近鉄とのダブルヘッダーで西武が1勝1分け以上ならば、同日に行われるオリックスとロッテのダブルヘッダーの結果次第で、その日のうちに西武の優勝が決まるという状況だった。

近鉄と西武による「2番勝負」で、近鉄の主砲ブライアントが“神がかり”的な活躍

 平成元年10月12日。今回のドラマの舞台となった日付だ。近鉄の先発は高柳出己。奇しくも、前年の「10.19」の第2戦でも先発のマウンドを踏んでいた右腕である。ルーキーだった前年には大役にも動じずに7回途中3失点と試合を作ったが、この日は辻発彦に2ランを喫するなど、2回途中4失点と乱調。無念の降板となった。

 対する西武の先発は、快速球と高速スライダーを武器に3年連続2桁勝利を継続中で、「オリエンタル・エクスプレス」の異名を取った台湾の至宝・郭泰源だった。前回登板の日本ハム戦で9回1失点の快投を見せていた右腕はこの日も快調に飛ばし、5回までブライアントの46号ソロによる1点に抑える好投を展開。5回裏には西武が1点を追加して5対1とし、リーグ4連覇中の王者が、大一番で盤石の試合運びを見せていた。

 しかし、この日の、そしてこのシーズンの主役とも言える男が、その豪打で試合の流れを大きく変える。6回表に近鉄打線がついに郭をつかまえて無死満塁と絶好のチャンスを作る。一発が出れば同点の場面で打席に立ったのは、前の打席で本塁打を放っていたブライアントだった。初球をフルスイングで捉えたボールは西武ファンで埋まったライトスタンドに消えていき、あっという間にスコアは5対5。たった一振りで試合は振り出しに戻った。

 同点で迎えた8回、先頭打者は2打席連続で本塁打を放っているブライアント。ここで森祇晶監督は郭に代え、エースの渡辺をマウンドに送り込む。ブライアントは渡辺に対して、来日初年度の1988年は打率.188で7三振。この年もこの打席を迎えるまで打率.222で7三振と苦手にしており、本塁打は2年間で1本もなかった。

 2日前に8イニングで131球を投げたばかりのエースを、絶好調の助っ人を抑えるためだけにリリーフ登板させた名将・森監督。しかし、この試合のブライアントは過去の相性すらも無意味にするほどの、神がかり的な領域へと突入していた。

 渡辺は1ボール2ストライクと追い込むと、決め球には過去にもブライアントから多くの三振を奪っていた、いわば必勝パターンだった高めの速球を選択。しかし、ブライアントはそれまで打てなかったはずのコースに投じられた球を鮮やかに捉えると、打った瞬間に両手を上げてガッツポーズ。ライトスタンドポール際に飛び込む、特大の48号アーチを叩き込んだ。

 片膝をついて呆然と打球の行方を見送る渡辺の姿は、前年の「10.19」でロッテ高沢秀昭に同点本塁打を浴びた際の近鉄のエース、阿波野秀幸の姿を思い起こさせるもの。ペナントレースの行方を左右し、シーズンを象徴するシーンとなったのも同様だ。1年前に130試合目で優勝を逃した近鉄と、結果を待つ側の辛さを味わいながら優勝を手にした西武。あれから1年、歓喜と悲嘆は両チームの間で完全に入れ替わる。あまりにも印象的なコントラストだった。

 1点のリードを手にした近鉄は、8回裏からクローザーの吉井理人を投入。前年のダブルヘッダー第1戦では9回に途中交代という屈辱を味わっていた守護神は、2回をパーフェクトに抑える完璧な投球であらためてその実力を証明し、自らの役目を果たした。近鉄が虎の子の1点を守り抜き、6対5で奇跡的な逆転勝利を飾った。

 直後に行われた第2試合でも近鉄の勢いは衰えず、1回表にリベラの適時打などで2点を先制。西武も直後の1回裏に秋山幸二の適時打と捕逸で2点を挙げて追い付く。両軍の意地がぶつかり合う試合の行方を決めたのは、やはりこの男。第1試合で3打席連続本塁打を放ち、1人でチームの全6点を叩き出していた助っ人、ブライアントだった。

 第1打席は敬遠で歩かされたが、3回の第2打席に西武の先発・高山郁夫から勝ち越しの49号ソロを放ち、NPBタイ記録となる4打数連続本塁打の快挙を成し遂げた。直後に4番のリベラも24号ソロで続いてアベックホームランを達成し、さらに6番・鈴木貴久にも2ランが飛び出して一気に4点を勝ち越し。近鉄が誇る「いてまえ打線」の集大成ともいえる一発攻勢で、あっという間に試合の大勢を決定づけた。

 その後も近鉄は攻撃の手を緩めず、4回と5回にそれぞれ3点ずつを追加。7回と8回にも1点を加え、15安打14得点と打線が爆発。投げては先発の阿波野が2回以降は安定した投球を見せ、7回2失点(自責点1)の好投でシーズン19勝目を記録。終わってみれば14対4で近鉄の快勝。西武との直接対決を3連勝と最高の形で終えて首位へ返り咲いた。一方、西武は優勝が大きく遠のいた。

前年に悲劇のエースとなった左腕阿波野が胴上げ投手に

 近鉄とゲーム差なしの2位につけていたオリックスが10月13日のロッテ戦に敗れた。翌14日、近鉄の本拠地の藤井寺球場で行われたシーズン129試合目のダイエー戦は、引き分け以上なら近鉄の優勝が決まるという大一番となった。好調の近鉄打線はこの試合でも5回までに5点を奪い、先発の加藤哲郎も6回まで無失点と好投。しかし、7回表に1点を返され、なおも1死1,2塁という状況となると、仰木彬監督は2番手として阿波野をマウンドへ送り込んだ。

 阿波野はこのピンチを無失点で切り抜けると、その後も1失点と粘りを見せてリードを守り抜く。「10.19」で同点本塁打を浴びて悲劇のエースとなった男が、その時と同じロングリリーフのマウンドに立ち、直球勝負で最後のアウトを奪って胴上げ投手に。一時は絶望的な状況に追い込まれながら驚異的な粘りを見せた近鉄が、9年ぶり3度目のリーグ優勝を飾った。

 エースの阿波野は19勝、183奪三振で最多勝と最多奪三振の投手二冠に輝き、防御率2.71もリーグ2位というキャリアハイの1年を送った。49本塁打で自身初の本塁打王を獲得し、シーズンMVPにも輝いたブライアントは、その後も近鉄の主砲として1995年までプレー。3度の本塁打王、1度の打点王を獲得し、リーグ屈指の強打者として活躍した。持ち前の陽気な性格も相まり、助っ人の枠を超えて多くのファンに愛され続けた。

 平成元年のパ・リーグの結果は1位近鉄と2位オリックスがゲーム差なし、3位の西武も0.5ゲーム差。この年の優勝争いがきわめて熾烈なものだったことが分かる。

1位:近鉄 71勝54敗5分 勝率.568
2位:オリックス 72勝55敗3分 勝率.567
3位:西武 69勝53敗8分 勝率.566

 1988年に壮絶なダブルヘッダーの末に勝率2厘の差で優勝を逃した近鉄が、翌年に絶対王者・西武を相手にダブルヘッダーで連勝を飾り、わずか勝率1厘の差で奇跡の優勝を飾る。「事実は小説よりも奇なり」というが、だからこそ、近鉄が描いてきた軌跡は多くの人々の心を打った。前年の悔しさを晴らそうという選手の思いが「10・19」を単なる悲劇で終わらせず、2年越しのドラマの結末をハッピーエンドへと変えたのだ。(「パ・リーグ インサイト」望月遼太)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)