「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

©新華社

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

 【新華社湖州10月12日】中国浙江省湖州市の織里鎮伍浦村で11日、「カニ縛り大会」が行われた。村民らは伝統的な手法で「大閘蟹」(上海ガニ)を縛り、喜びに満ちた豊作の秋を迎えた。同村は水産資源が豊富で、現在の養殖面積は1200ムー(80ヘクタール)余り、年間生産高は1400万元(1元=約15円)を超えている。10月は同村で養殖された上海ガニの収穫時期で、「カニ縛り大会」の開催は、村民が技を披露し学びを深め、伝統的な縛り方を普及させ、地元の上海ガニの産業化を促進することが狙い。

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」に参加する村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)

「カニ縛り大会」で実りの秋を迎える 浙江省湖州市

 11日、「カニ縛り大会」でわらを使って上海ガニを縛る村民。(湖州=新華社記者/徐昱)