40代男性の貯金額は?「年収710万円、貯金150万円。生活でいっぱいいっぱい」 一方、「既婚で年収340万円、月10万円貯金」の声も

©株式会社グローバルウェイ

40代男性の貯金額は?

40代の男性の貯金事情はどのようなものだろう。SBI生命保険の調査によると、40代男性の4割が「貯金がなくて不安」と回答している。他の性年代と比べて低い割合だ。

キャリコネニュース読者に貯金事情を聞くと、40代男性からは未婚・既婚問わず「年収と手取りの差でなかなか貯金が難しい」といった声が多く寄せられた。40代男性の年収・貯金事情を紹介する。

「貯金ゼロ。都心部の企業に勤務しているが手取り月収が16万円程度」

まずは独身者の声を紹介する。年収710万円の男性は「額面はあるが、手取りとなると日々の生活でいっぱいいっぱいで、あまり貯金ができず焦る」(クリエイティブ職/貯金額150万円/月3万円貯金)と綴る。また、貯金ゼロという人もいる。

「将来が恐ろしいし、何かあった時は親に頼らないといけないので辛い」(年収200万円以下/クリエイティブ職)
「都心部の企業に勤務しているが手取り月収が16万円程度であり、家賃や食費等を切り詰めてもお金がほぼ手元に残らないので貯蓄に回せず、将来の事を考えると不安」(管理・事務職/年収250万円)

と嘆く。

月々の貯金を増やそうと奮起する人もいる。月5万円とボーナス全額(年2回、各20万円)を貯金している男性は「もう少し節約して、毎月の貯金を増やしたい」(営業職/年収420万円/貯金額200万円)と語る。

「年収が増えると税金も上がる。また、交際範囲も広がるので、意外に貯蓄はできない」

既婚者の声を見てみよう。年収1100万円の男性は、

「年収が増えるとその分税金も上がる。また、交際範囲も広がるので、意外に貯蓄はできない」(営業職/貯金額100万円/月々の貯金額5万円)

と語る。既婚者なら育ち盛りの子どもがいる人も少なくはない。その上、税金の支払いと交際費用を払うとなると、20~30代の頃より出費が増える可能性がある。節約を意識していかなければ、まとまった金額を貯金するのは難しいのかもしれない。

一方、年収340万円で月10万円を貯金している男性は、「副業を増やしてもう少し貯金を増やしたい」(クリエイティブ職/貯金額350万円)と綴る。

40代になると、若いころより収入が増えるとともに、税金や保険で引かれる金額が多くなる傾向にある。しかし、この世代は家族が増えたり、老後を視野に入れたりして貯金を増やさなければならない時期でもあるため、工夫して貯金を増やす努力が求められるだろう。

キャリコネニュースでは引き続き「貯金」「家賃」に関するアンケートを募集をしています。