「THEカラオケ★バトル」新人・森香澄アナが代打MCに! 堺正章はザ・スパイダースの名曲を熱唱!!

©株式会社東京ニュース通信社

10月13日にテレビ東京系で放送する「THEカラオケ★バトル」(日曜午後7:54)は、恒例となった「またまたやっちゃう?あの大ヒット曲・ご本人は何点出せるのかスペシャル」をおくる。

3回目となる今回も、日本の歌謡史にその名を刻まれた大ヒットシンガーたちがスタジオに集結。高級おすしや高級焼肉弁当など点数に応じたおいしいご褒美と、100点を出した人のみに与えられる「伝説のシンガー」という称号を目指し、自らの持ち歌を熱唱する。さらに、番組MCの堺正章も「約10年ぶり? 自分でも覚えていないほど久しぶり」というザ・スパイダースの名曲を歌唱する。

また現在、産休のために番組をお休み中の柳原可奈子に続き、繁田美貴アナウンサーもなんと産休に入ることに。 その代打として、令和元年に入社したての新人・森香澄アナが登場する。このおめでたい連鎖に、MCの堺は「おめでたい話なのでとってもうれしいです。非常にうれしいハッピーなことだと思います。立て続けっていうのが不思議ですね、なにか連鎖反応があるのかも?」と顔をほころばせた。

一方、大役を担うこととなった森アナは、「驚きすぎて、手が震えて心臓がバクバクしました(笑)。でも、不安や心配よりも先にうれしいという気持ちが大きかったです。もちろん今も不安でいっぱいですが、いろんな方の歌を生で聴けるのが楽しみです」と不安な様子を見せつつもうれしそう。いつかは音楽番組に携わりたいと思っていたという森アナは「まさかこんなに早くかなうと思っていなかったので、本当にうれしいです。幼いころからピアノを習っていて、音楽がとにかく大好きなので、その知識を番組に生かせたらいいなと思っています」と意気込みを述べた。

そして、森アナへの印象を「1年目にしては落ち着いた感じで進めてくれているなと思いました」と語る堺。「私が落ち着かないので、ホラン(千秋)さんと森さんがいてくれることでバランスが取れるんじゃないかと思います」とピカピカの新人アナにエールを送った。