〔大雨特別警報〕13都県への発表はいずれも警報等に切替発表、引き続き警戒を(10/13)

©株式会社レスキューナウ

台風19号接近に伴い、東海・関東甲信越・東北の13都県に発表された大雨特別警報は、13日08:40までにすべて解除されました。なお、多くの地域で大雨警報に切替発表となっているほか、その他の気象警報、土砂災害警戒情報、氾濫発生情報などの指定河川洪水予報や避難情報が出されている地域も多くあります。引き続き土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

■大雨特別警報発表経過(詳細の市区町村発表/解除は省略)
<12日>
・15:30【発表】静岡県・神奈川県・東京地方・埼玉県・群馬県・山梨県・長野県
・19:50【発表】茨城県・栃木県・新潟県・福島県・宮城県
・22:20〈解除〉静岡県
・23:01〈解除〉山梨県
・23:55〈解除〉東京都

<13日>
・00:10〈解除〉群馬県
・00:20〈解除〉神奈川県
・00:40【発表】岩手県 〈解除〉埼玉県
・02:20〈解除〉茨城県・栃木県
・03:20〈解除〉長野県・新潟県
・04:00〈解除〉福島県
・05:45〈解除〉宮城県
・08:40〈解除〉岩手県

※茨城県、栃木県、宮城県は2015年9月の関東・東北豪雨時以来となる発表。その他の10都県は2013年8月の特別警報運用開始後はじめての発表。
※13都県への発表は、2018年7月の西日本豪雨時の11府県を上回る。