給食マニア必見のドラマ「おいしい給食」グルメドラマの異端児、特別映像解禁!

©有限会社ルーフトップ

市原隼人主演の10月より放送開始となるオリジナルドラマ「おいしい給食」。本作は、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原隼人)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤大志)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディ。1980年代の中学校を舞台に、食欲をそそる給食バトルと共に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様が描かれている。

いよいよ本日群馬テレビでの放送を皮切りに各局で放送が始まるドラマ「おいしい給食」。本作は、世界で唯一配膳から片付けまで行う、集団昼食文化―給食。小学校6年間で約1200食、中学校3年間で約600食、9年間を合計すると約1800食を日々何気なく食べていた、もしくは食べている給食を題材に撮影された給食エンターテインメント。グルメドラマの異端児とも言っても過言ではないドラマ「おいしい給食」をより楽しむために、その内容を紐解く特別映像が解禁。

解禁された映像では、数々の映画やドラマの主演を務めてきた市原隼人が演じる一風変わった教師・甘利田幸男や、映画やドラマなどで今もっとも注目を浴びる女優、武田玲奈演じる御園ひとみの着任のシーンや、映画『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』にも出演している期待の新人・佐藤大志演じる神野ゴウの人となりを紹介。それに加えて衝撃的な甘利田のリアクションを、市原と綾部監督が笑いながら何度も試しているシーンや甘利田について語る映像、そして少し前まで学生だった武田の好きな給食などを笑顔で語るシーン、さらに給食マニアの神野を演じる佐藤が給食を食べるうえで大事にしていたことを語る映像がふんだんに盛り込まれている。

更には、本作を陰で支えるフードスタイリストの松井あゆこのコメントに加え、キャスト、スタッフの1980年代の印象や給食の思い出、お互いの印象など掘り下げるコメントもあったり、更には笑いの絶えない、心の底から楽しんでいる撮影現場の様子がこれでもかとふんだんに盛り込まれていて早く見たいと思うこと間違いなし。

「第1話に出てくる『鯨の竜田揚げ』など大人になって食べなくなったものもあったり、単純な春雨スープにしても懐かしい感じがすると思います。」と語る市原の言葉からも伝わってくる懐かしさと、「毎週の各回にある甘利田先生との闘いのシーンが見どころです」と語る佐藤一押しの、先生と生徒の命がけの給食バトルに期待だ。

また、GYAO!での無料見逃し配信も決定!!10月20日(日)19:30より第1話が配信スタート、以後毎週日曜19:30に各話が配信される。「おいしい給食」は、10月よりテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12トゥエルビほかにて順次放送。