長野市の千曲川で堤防決壊 孤立した160人を救出

©株式会社長野放送

長野市の千曲川で13日未明に堤防が決壊し大規模な浸水被害が出ていてす。

長野市穂保の千曲川では未明に堤防が約70mに渡って決壊し住宅地に水が流れ込みました。被害は広範囲に渡り住宅の2階部分まで浸水しました。長野市によりますと住宅や高齢者施設に少なくとも160人以上が取り残され、自衛隊のヘリなどで救助活動が続けられています。千曲川では長野市、上田市、千曲市、須坂市、小布施町、中野市などで川の水が堤防を越えあふれ出しました。長野市では最大で4500人が避難したということです。上田市では上田電鉄別所線の橋の一部が崩れました。復旧には長期間かかる見通しです。台風19号の被害の全容は現在も分かっておらず県や市町村が確認を進めています。