鷹が4試合連続で先制 3回に今宮がソロ、工藤監督も脱帽 勝てば3年連続日本S進出

©株式会社Creative2

先制本塁打を放ったソフトバンク・今宮健太【写真:荒川祐史】

今宮が西武先発の本田が投じた抜けたスライダーを捉えて左翼スタンドへ

■西武 – ソフトバンク(CS・13日・メットライフ)

 ソフトバンクが4試合連続で先制に成功した。13日、敵地メットライフドームドームで行われたクライマックスシリーズ ファイナルステージ第4戦。両チーム無得点で迎えた3回に今宮健太内野手が左翼スタンドへの先制のソロ本塁打を放った。

 第1戦から3試合連続で初回に先制していたソフトバンクだったが、初回、2回と西武先発の本田の前に無得点に終わった。だが、3回に待望の先制点が生まれた。1死走者なしで打席に入った今宮。1ボールからの2球目、本田が投じたスライダーが高く浮いたのを逃さなかった。快音を残した打球は高々と舞い上がって左翼スタンド中段へと飛び込んだ。

 ダイヤモンドを一周してきた今宮を、工藤公康監督は脱帽、一礼して出迎えた。第1戦から怒涛の3連勝を飾り、3勝1敗で日本シリーズ進出に王手をかけているソフトバンク。勝てば、ファイナルステージ突破となる一戦でも、先制点を奪い取った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)