即位の礼に韓国首相出席へ

知日派、関係改善に注目

©一般社団法人共同通信社

韓国の李洛淵首相

 【ソウル共同】韓国首相室は13日、22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に李洛淵首相が出席すると発表した。元徴用工問題や日本政府による輸出規制強化で日韓関係が極度に悪化する中、関係改善につながるかどうかが注目される。訪日は22~24日の予定。

 李氏は有力紙、東亜日報の東京特派員も経験した知日派で知られる。対日関係を重視した故金大中大統領の与党、新千年民主党で報道官を務めた。韓日議員連盟の副会長兼幹事長として議員外交に当たった経験もある。