【台風19号】武蔵小杉駅の横須賀線改札口冠水で使えず 

©株式会社神奈川新聞社

水が路面に噴き出し、辺り一帯が冠水した武蔵小杉駅東口付近=13日午前0時半ごろ、川崎市中原区新丸子東3丁目

 台風19号の影響で、JR武蔵小杉駅(川崎市中原区)の一部構内が冠水し、横須賀線の改札口が使えなくなった。12日から運転を見合わせていた横須賀線は13日午後3時ごろから、同駅を通過する形で運行を再開した。

 JR東日本が水に漬かって故障した改札機の点検を進めている。改札口の復旧の見通しは立っていないという。

 JR東日本によると、同駅で横須賀線と接続する南武線は、13日午前11時ごろから運転を再開。同線の改札に被害はなく、混乱は生じていないという。