「ありがとう」「感動した」 ラグビーW杯、ファン熱狂

©株式会社神奈川新聞社

【日本-スコットランド】思い思いのスタイルで応援するラグビーファンら =日産ス

 横浜の地でついに歴史が動いた。13日のラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本がスコットランドを撃破。史上初の決勝トーナメント進出を決めた。ほぼ満員の日産スタジアム(横浜市港北区)は興奮のるつぼと化し、ファンからは「ありがとう」「感動した」と拍手と歓声がやまなかった。

 「言葉にならないくらいの感動」。初めてW杯を観戦した藤沢市の池田善伸さん(58)、由美さん(56)夫妻は大喜び。次男智志さん(27)が県立柏陽高時代に、この日トライを決めた松島幸太朗選手=桐蔭学園高出身=と対戦したといい、夫妻は「ここまで活躍する選手になるとは」と驚きを隠さなかった。

 台風19号の影響で当日まで開催が危ぶまれた。親子で福島県から訪れた会社員河崎裕一さん(49)は「予約した高速バスが運休になり諦めていたが、車と電車を乗り継ぎ、なんとか来られてよかった」。

 日本がスコットランドに唯一勝利していた1989年の一戦を観戦したという千葉県の会社員谷川俊郎さん(54)は「ジャパンには感謝しかない」と大興奮。横浜市保土ケ谷区の会社員小椋雅美さん(42)は「地元でこの熱狂を体感できるなんて。決勝まで見届けたい」とさらなる躍進を期待した。