日本 スコットランド下し初の8強 ラグビーW杯

©株式会社上毛新聞社

ラグビーW杯1次リーグのスコットランド戦の前半、福岡がチーム3本目のトライを決める
日本―スコットランド 前半、稲垣がチーム2本目のトライ=日産スタジアム

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で世界ランキング8位の日本が13日、横浜市の日産スタジアムで行われた1次リーグA組最終戦で同9位のスコットランドを28-21で破って無傷の4連勝とし、初めて8強入りする歴史的快挙を達成した。

 1987年の第1回大会から全てに出場している日本はアジア初開催の舞台で9度目の挑戦が実った。勝ち点5を加え、同19のA組1位となった。20日に東京・味の素スタジアムで行われる準々決勝では、前回2015年大会で金星を挙げた優勝2度の南アフリカ(B組2位)と対戦する。

 台風19号の影響で開催も危ぶまれた大一番に6万7666人の観客が詰め掛けた。日本は3勝1敗の前回大会でも1次リーグで唯一敗れ、過去1勝10敗だったスコットランドから松島幸太朗(サントリー)や福岡堅樹(パナソニックワイルドナイツ)の快足のバックス陣が突破力を見せつけ、計4トライで雪辱した。

 13日は台風の影響により岩手県釜石市で予定されていたナミビア-カナダが中止になった。1次リーグは全日程を終え、8チームによる決勝トーナメントは19日から始まる。(世界ランキングは12日付)

◎福岡、2トライで輝き放つ
 台風にも、自慢の足を湿らせることはなかった。当日まで実施の可否判断が持ち越された日本とスコットランドの8強を懸けた大一番。自身最後のワールドカップ(W杯)と位置付けるWTB福岡堅樹(パナソニックワイルドナイツ)は、「走りを記憶に残す」の宣言通り、2トライで輝きを放った。「全ての時間を犠牲にして、この勝利のために頑張ってきたので本当に最高」と歓喜した。

 求めていた「自分のトライ」は後半2分。相手の懐からはじき飛ばした球を空中でキャッチ。そのまま独走でポスト真下に飛び込んだ。この日2本目だった。前半にはWTB松島(サントリー)のトライのアシストや、本県の強風で磨いたハイボールキャッチでも会場を沸かせた。

 スコットランドは福岡の代表キャリアと縁が深い。本人は「過去2回とも負けている」と冷静に振り返るが、思いはそう単純ではないはず。代表選出された筑波大2年時の2013年に初対戦。強豪相手に2トライを挙げ、世界と戦える潜在力の高さを示した。

 2度目は前回W杯。南アフリカ戦の大金星をグラウンドの外で見て奮い立ったが、続くスコットランド戦に先発するもトライなしの不発に終わった。唯一出場した試合が日本唯一の負け試合となり、1次リーグ敗退という無念を味わった。

 15人制人生の最終盤で再び巡ってきた対戦。過去を意識しないはずはない。それでも「気負い過ぎない」。自分の思いを冷静にコントロールした。
 今大会第2戦のアイルランド戦で会心の逆転トライ。歴史的勝利に貢献した後のサモア戦は気の緩みを排除し、2試合連続トライを奪った。天敵と対戦前の1週間も「ゼロからのスタート」で全ての気持ちを白紙に戻して、準備した。

 今大会初先発で結果を残した福岡。「自分たちがやってきた全てを出し切って、日本のラグビーの新しい歴史を塗り替えたい」と見据える。けがから復帰した日本の翼が、チームを8強の先へと導く。

◎稲垣、魂のトライ
 プロップ稲垣啓太(パナソニックワイルドナイツ)が勝ち越しの代表初トライを記録した。7-7の前半25分、中央突破で仲間のつないだ球をゴール直前で受け、ポストの間に転がり込んだ。

 前回大会に続く2度目のワールドカップ(W杯)。日本のFW陣の中心として体を張り続けてきた。ただ、トライはトップリーグ(TL)でも過去2度しか経験したことがない。「一番いい舞台で一番いいトライ」と誇らしく語った。

 「(前回大会でスコットランドに負けた)悔しさを忘れたことはない」という29歳の頼れる男は、ピッチ上でその気概を体現した。仲間と歓喜し「ベスト8を目標にやってきて、4年間いろんなものを犠牲にしてきた。まず一つ目標がかなって本当に良かった」と感慨に浸った。

◎堀江、不屈の男
 やはり不屈の男だった。前半29分、パスを受けたフッカー堀江翔太(パナソニックワイルドナイツ)は、意表を突く真後ろへのノールックパス。直後にタックルしてきた相手ディフェンスの頭が自らの頭とぶつかり、芝に倒れ込んだ。

 苦しそうな表情で立ち上がれずにいたが、会場の大観衆が「堀江コール」を送ると、声援に後押しされ、再び走りだした。後半途中で退き「控えの選手が最後まで、最高のプレーをしてくれた」と感謝した。