欧州サッカー、ポーランドが突破

ロシアも本大会出場決める

©一般社団法人共同通信社

得点を決め喜ぶポーランドの選手たち=13日、ワルシャワ(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】サッカーの2020年欧州選手権予選は13日、各地で行われ、G組のポーランドとI組のロシアが各組2位以内を確保して本大会出場を決めた。

 G組首位のポーランドは2―0で北マケドニアを下し、勝ち点19。オーストリアが同16で2位につけ、北マケドニアとスロベニアが同11で続く。

 I組2位のロシアは5―0でキプロスを下し、7勝1敗の勝ち点21。I組1位のベルギーは2―0でカザフスタンを退けて8戦全勝。

 C組はオランダが2―1でベラルーシを下し、ドイツは3―0でエストニアに勝った。E組首位のクロアチアは1―1でウェールズと引き分けて勝ち点14とした。

キプロスを下し喜ぶロシアの選手たち=13日、ニコシア(AP=共同)