安田美沙子、スザンヌ、辻希美…息子と“キス”で炎上したママタレたち

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

安田美沙子 

(C)まいじつ 

10月8日、タレントの安田美沙子が息子とキス寸前の写真をインスタグラムで公開。微笑ましいかと思いきや、ドン引きされてしまったようだ。

安田は息子と至近距離で唇を尖らせ合っている写真を公開し、

《最近、やっとママに似て来たと言われるように。。。 う、うれしい パパにそっくりだから アッコさんからいただいたシャツがかわい過ぎる》

などと投稿。ハッシュタグには「#小さい彼氏 #大好き過ぎる」と付け、息子にぞっこんであるようだ。

これにファンからは、

《俺にもキスしてほしい》
《お子さんになりたい!!》
《わしも息子くんになりたーい》

などといった興奮のコメントが寄せられた一方で、ネット掲示板では、

《げっ!親子でもやめな!バイ菌つく》
《子どもの唇にチューする親、気持ち悪い》
《自分の子供にキスする親って本当気持ち悪い》

など、ドン引きする声が上がった。しかし、息子への溺愛行動が批判されたのは、安田だけではない。

 

「マザコンにする気か?」

2017年5月、タレントのスザンヌが、当時3歳の息子との〝ガチキス〟写真をインスタグラムに投稿。息子はスザンヌの首に腕を絡め、スザンヌも息子を抱きしめ、口の形が変形するほど密着してキスし合っている。これにネット上では、

《ほっぺなら微笑ましいけど、これはさすがにないわ》
《気持ち悪い。マザコンにする気か?》
《まだ子供も小さいし、母親だからわが子とチューするのはいいだろうけど、それをわざわざインスタに載せるのはいかがなものかと…》

などといった疑問を投げ掛ける声が続出していた。

そして17年6月には辻希美も、スザンヌの炎上があった直後にもかかわらず、当時4歳の息子とのキス写真をブログに投稿。案の定、

《気持ち悪い》
《絶対炎上狙ってるよね》
《わざとにしか思えない》

など総ツッコミを受け〝炎上女王〟の威厳を見せつけた。

最近では〝子離れ〟できない親が増えているというが、上記の3人も同じようなことになるのだろうか。