JR東日本、運転再開まで時間がかかる線区の被害状況を公表

©株式会社エキスプレス

JR東日本は、台風19号の影響で甚大な被害を受け、運転再開まで時間を要する線区の被災状況を公表した。

現在「災害対策本部」を設置し、復旧作業中のおもな線区と被害状況は下記。

◆ 北陸新幹線 長野新幹線車両センター 浸水

◆ 中央本線 梁川~四方津間 土砂流入

◆ 両毛線 大平下~栃木間 永野川橋りょう 橋台背面流出

◆ 水郡線 袋田~常陸大子間 第六久慈川橋りょう 橋桁流出

◆ 横須賀線 武蔵小杉駅 駅構内冠水

このほかにも、部分運休などが発生している区間がある。

また北陸新幹線 東京~長野 の10月14日は、グランクラス、グリーン車を除くすべての車両が自由席で運転する。

<JR東日本 列車運行情報>
https://traininfo.jreast.co.jp/train_info/service.aspx

資料画像:JR東日本
写真 記事:鉄道チャンネル編集部