苦しむマンUを救えるのは、イブラヒモビッチだけ?

©フットボール・トライブ株式会社

ズラタン・イブラヒモビッチ 写真提供:Gettyimages

苦しむマンチェスター・ユナイテッドを救えるのは、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだけなのかもしれない。ユナイテッドOBのクレイトン・ブラックモア氏が、英紙『ミラー』のインタビューで語っている。

2016年から2018年までユナイテッドでプレーし、現在はメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするイブラヒモビッチ。ブラックモア氏は、苦しむユナイテッドを救うことができるのは、同選手だけだと考えているようだ。

MLSでもその得点能力を遺憾なく発揮しているイブラヒモビッチについて、ブラックモア氏は以下のように語っている。

クレイトン・ブラックモア

「ユナイテッドにはターゲットマンが欠けている。イブライモビッチが、ユナイテッドを救うただ一人の男だ。

彼は自分自身を推薦したね。恐らく、彼が選択肢の中野最高のターゲットマンだ。

彼の身長は195センチ。彼はマスターであり、誰が相手だろうとチャンスを感じることのできる選手だ」