丹生ダムとは 治水や利水目的も2016年に中止決定

©株式会社京都新聞社

旧丹生ダム予定地

 丹生ダムとは 高時川、姉川の治水や利水を目的に国土交通省近畿地方整備局が1960年代から整備を進めてきたが、2016年に中止が決まった。事業費は1080億円。建設予定地の買収や道路工事に約570億円を費やした。

 中止決定後、地元住民と同整備局、滋賀県、長浜市、水資源機構の5者が地域整備協議会を立ち上げ、予定地周辺で林道整備や高時川の改良工事など地域振興のための事業を進めている。