北陸新幹線 本数減で再開 車両浸水・・・120両が被害 運行に支障も 長野

©株式会社長野放送

台風で計画運休していた北陸新幹線は、13日夜から長野と東京の間の運行を再開しました。しかし堤防の決壊により新幹線基地の車両が浸水した影響で、本数を減らしての運行となっています。

台風19号の影響で浸水した北陸新幹線。13日は車体の半分ほどまで水に浸っていました。しかしきょう14日。水がひき、車両が見えるようになりました。

今回の浸水で、北陸新幹線の車両の3分の1にあたる120両が被害にあいました。

一方、台風の影響で計画運休していた北陸新幹線は13日夜、東京―長野間の運行を再開しました。

(記者リポート)「JR長野駅のみどりの窓口、臨時列車の運行が発表されたことできょう、またあす以降の乗車券をもとめ、多くの人が列を作っています」

(東京へ)「テレビでニュースを知って急いで来ました」

(東京へ)「帰れないと思っていたんですが、少ないながらも動くということで」

浸水被害の影響で車両数が減るため、14日から当分の間、東京―長野間の新幹線は列車の本数を減らして、折り返し運転をするということです。

(利用者)「新幹線、使えるの本当にありがたいです。高速道路もどこまで使えるか分からなくて」

(利用者)「おととい来たんですが、やっと帰れます」

一方、北陸方面は、長野―糸魚川間で、線路の安全確認などが出来ていないとして現在も運休しています。

安全が確認でき次第、再開したいとしていますが、めどは立っていないということです。

センターでは一時、職員36人が孤立しましたが、全員無事でした。