千曲川 避難指示が出なかった地区も・・・ 決壊で予想超える浸水 長野市

©株式会社長野放送

長野市で大きな被害を出した堤防の決壊。浸水範囲は市の想定を超えていたことがわかりました。

市は12日午後11時40分に避難指示を流域の地区に出しました。

しかし、今回、浸水した下駒沢地区は、その時点では「指示」は出ていませんでした。

(加藤市長)「それは反省する事態」

区長は・・・

(下駒沢の区長)「(避難指示が)他だけ出て古里だけ出なかったので、千曲川から離れていたので安心してしまった」

記録的な大雨がもたらした災害。

堤防の決壊や避難情報の出し方などは今後、検証が必要となりそうです。