実は簡単!「せいろ」は時短&手抜き料理の救世主だった。市販の肉まんも大変身

©株式会社サンケイリビング新聞社

扱いが難しそうだったり、使い方がわからず敷居が高い気がしていたり…と手を出せずにいた「蒸籠(せいろ)」。実は時短&手抜きご飯の救世主でした!簡単に、いつもよりワンランク上の食卓になる、蒸籠の使い道を紹介します。

わが家に蒸籠(せいろ)がやってきた!

前からちょっと欲しいな~と思っていた「蒸籠」。理由はオシャレでかっこいいから(笑)でも、使い道もよくわからないし、扱いも難しそう…と二の足を踏んでいました。そしてこの夏、ついに決意し、わが家に蒸籠がやって来ました!

初めての蒸籠にドキドキしながら作ったのは、蒸し野菜と野菜の豚巻き。これがもう、本当においしくて感動モノ!野菜の甘さがしっかり出ていて、そのままでも食べられるくらいでした。

さらに驚いたのは“調理の簡単さ”。写真を見てわかる通り、野菜を切って並べるだけ。豚肉も切った野菜を巻くだけです。お湯を沸騰させた鍋にのせて、たったの15分で完成。

調理中に目を離しても焦げることはないので、待機している15分の間に他の家事をすることもできます。とにかく時短!

市販の肉まんもランクアップ!

次は、朝食にスーパーで買った、普通の肉まんを蒸してみました。いつもレンジで温めると、固くなっちゃってガッカリするんですよね。さて、鍋にのせて15分。

どーん!!!

ふわっふわに蒸し上がりました。手作りとまではいきませんが、しっとりふわふわで、レンジで温めたものとは全然違います。そして、蒸籠に入っているだけで、なんだか豪華に見える!視覚効果もバッチリです(笑)

ペーパーにのせたまま蒸しているので、使い終わった蒸籠はそのまま干すだけ。野菜などを蒸したときも、柔らかいたわしやスポンジを使って、水だけでサッと洗うだけでOK。扱いが楽なのも魅力です。しっかり乾燥させることだけ、気をつければ大丈夫ですよ。

ちょっとがんばって蒸しパンに挑戦!

  • 材料 カップ6個分
  • 小麦粉
  • 100g
  • ベーキングパウダー
  • 4g
  • 砂糖
  • 40g
  • サラダ油
  • 大さじ1
  • 1個
  • 牛乳
  • 35ml

作り方

所要時間20分

STEP1: 小麦粉とベーキングパウダーを合わせてふるう

STEP2: 卵と牛乳を混ぜる

STEP3: ボウルに1と2、砂糖とサラダ油を入れ、ダマがなくなるまで混ぜる

STEP4: カップに入れて、蒸籠で12分蒸す

STEP5: 完成!

ふわふわやさしい味で、子どもたちもたくさん食べてくれました。

私は、蒸籠から蒸気が上がる、蒸し時間の景色が好きで、ボーッと眺めてしまいます(笑)なんだかホッとする蒸籠料理、イチオシです!

肌寒くなってきたら、蒸籠でホカホカ時短ご飯!この冬、チャレンジしてみてください。

(文/cha-ru)