DeNAソト東京五輪出場に意欲

母国プエルトリコが出場権得たら

©一般社団法人共同通信社

 2年連続でセ・リーグの本塁打王に輝いたDeNAのソトが15日、羽田空港から帰国した。11月に行われる国際大会「プレミア12」のプエルトリコ代表には入っていないが、母国が来年の東京五輪の出場権を得た場合には「日本である五輪。チャンスがあれば出たい」と意欲を示した。

 来季は筒香が米大リーグに挑戦し、空く左翼を守る可能性がある。今季の守備位置は右翼と二塁のみだったが「米国時代は右翼より試合数が多かった。問題ない」と自信を見せた。