仙石線、仙山線、常磐線は通常運転再開 東北線の一部区間で運休続く

©株式会社河北新報社

JR在来線が一部で再開し、仙台駅は連休明けもあり通勤通学客で混み合った=15日午前8時10分ごろ

 JR東日本は15日、台風19号の影響で休止していた東北線、仙山線など在来線の運転を始発から再開した。一部区間の運休は続くものの、台風一過の3連休明けとなったJR仙台駅(仙台市青葉区)は通勤客らであふれかえった。

 仙山線山寺駅(山形市)から仙台駅に到着した太白区の会社員広岡昌之さん(36)は「台風の影響で保育園が休みなので、昨晩は子どもを天童市の実家に預けてきた。再開したおかげでいつも通りの時間に出勤できる」と胸をなで下ろした。

 JR東日本仙台支社によると、東北線は通常の7、8割程度に本数を減らし運転を再開したが、新白河-岩沼間は線路の道床や橋の盛り土が流出するなどの被害を受け、再開の見通しが立っていない。

 仙石線、仙山線、常磐線は通常運転を再開している。