発表間近の「Pixel 4」、直前に詳しいスペックが流出してしまう

©ティー・クリエイション株式会社

グーグルは、15日(日本時間16日)に、2019年最悪レベルで情報が漏れまくった新型スマホPixel 4/4 XLを発表する予定です。事実、発表の準備を進めていたとみられるBest Buyカナダは、ウェブサイトにPixel 4のフルスペックを載せるというグッドアイデアを思いついたようです。

このリストはすでに閉じられていますが、その前にはすべてのスマートフォンのスペックと特徴が顕になっていました。ちなみに、スペックのほとんどの部分に新しい情報はなく、どれも以前に聞いたものばかりですが、その情報が正しかったという意味ではナイスでした。この特徴には、タッチすることなくスマホを操作できるモーションセンスも含まれています。

もちろん、カメラも進化しており、Pixel 4は天体写真にも利用できるとしています。スペック的には、Pixel4/4 XLは、QualcommのSnapdragon855チップセット、6GBのRAM、64GBのストレージなど共通点が多いです。また、カメラは12メガピクセルと16メガピクセルのセンサーを組み合わせたデュアルカメラ構成となっており、両機種の主な違いはディスプレイだけでしょう。

Pixel4には5.7インチ(フルHD+)、Pixel4XLには6.3インチ(QHD+)のOLEDディスプレイが搭載されるようです。また、「smooth display」についても触れられており、90Hzリフレッシュレートの噂が本物であることの裏付けにもなりそうです。

この記事は、編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文はこちら