全日本ラリー第9戦:奴田原が総合3番手から逆転で2勝目。チャンピオン決定は最終戦へ持ち越し

©株式会社サンズ

 2019年のJRC全日本ラリー選手権は10月11〜13日、岐阜県高山市を中心に第9戦『第47回M.C.S.C.ラリーハイランドマスターズ2019』が行われ、奴田原文雄/佐藤忠宜(ミツビシ・ランサーエボリューションX)が2019年シーズン2勝目を飾り、シリーズチャンピオン争いは最終戦へもつれ込むこととなった。

 シリーズ第9戦となったハイランドマスターズは、観光名所としても知られる飛騨高山を舞台に争われる1戦で、第4戦久万高原ラリー以来の、そして2019年シーズン最後のターマック(舗装路)イベントとして争われた。

 ラリーは日本各地に甚大な被害をもたらした台風19号の影響で、競技初日の12日(土)に予定されていた6SSのうち、午後のSS4〜6はキャンセル。初日のSS1〜3、最終日13日(日)のSS7〜12の合計9ステージが行われた。

 ウエットコンディションのなか争われたSS1〜3では新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が速さをみせ、6.8秒リードを構築。総合2番手には息子の新井大輝/小坂典嵩(スバルWRX STI)、新井大輝と0.8秒差の総合3番手に奴田原が続く形となる。

 台風一過となった13日は路面がウエットからドライへと変化する難しいコンディションに。台風の影響で路面には濡れた落ち葉が広がったこともあり、先頭走者を務めた新井敏弘は思うようにペースを上げられず、息子の大輝に詰め寄られてしまう。

 両者はSS8を終えた時点で1.8秒差となったが、続くSS9“無数河-アルコピア1”で新井大輝がスピン。このステージ最速だった奴田原に交わされ、総合3番手へ後退してしまう。

 首位の新井敏弘に1.7秒差と迫った総合2番手の奴田原は、午後のSS10でもステージ最速となり総合首位に浮上すると、SS11〜12と連続でステージ優勝を飾る圧倒ぶりでフィニッシュ。13.6秒差を築いて4月に行われた第3戦ツール・ド・九州以来の2019年シーズン2勝目を手にした。

 総合2位は新井敏弘が獲得、総合3位は新井大輝が続いた。スバル勢の一角、勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)はSS1でマシンにダメージを負い、リタイアを余儀なくされている。

 JN2クラスはヘイキ・コバライネン/北川紗衣(トヨタGT86 CS-R3)が総合7位に食い込む走りで制覇したほか、JN3クラスは山本悠太/山本磨美(トヨタ86)が、JN4クラスは古川寛/大久保叡(スズキ・スイフト)が、JN5クラスは天野智之/塩田卓史(トヨタ・ヴィッツ)が、JN6クラスは伊藤隆晃/大高徹也(ニッサン・ノート)がそれぞれクラス優勝を飾っている。

 2019年の全日本ラリー最終戦となる第10戦は、10月31〜11月3日に福島県いわき市・鮫川村周辺を舞台に行われる『MSCCラリー in ふくしま 2019』だ。