くちびる美人を厳正審査!

©山形放送株式会社

 天童温泉を盛り上げようと毎年、開催される「くちびる美人コンテスト」は、温泉街の旅館・ホテルに応募用紙を置き、6月から4か月間、募集を行ってきた。

 ことしは、観光客を中心に2375人の応募があり、審査会には、事前審査を通過した1836人の作品が貼り出された。約30人の審査員たちは壁一面の「リップマーク」から形や色が好みのものを慎重に選び出していた。審査員の1人は「いい作品は、くちびるの向こうに笑顔があったり、幸せなイメージを考えると、形は口角が上がっていて、くっきりしていて、色がはっきり主張したりするもの」と説明する。

 審査の結果、最高賞の「ベストリップ賞」には埼玉県川口市の中川玲香さんの作品が輝いた。このほか、男性が対象の「ダンディー部門」や10歳以下の「チャイルド部門」などの審査も行われた。入賞者の作品は天童温泉協同組合のホームページに掲載される予定。