W杯、豪がイングランド戦へ調整

リアリーファノ先発に意欲

©一般社団法人共同通信社

記者会見するオーストラリアのリアリーファノ=15日、神奈川県小田原市

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で8強入りしたオーストラリアが15日、イングランドとの準々決勝(19日・昭和電工ドーム大分)に向けて神奈川県小田原市内で調整し、SOリアリーファノは記者会見で「メンバー入りすれば、やれる自信はある」と先発に意欲を燃やした。

 白血病を克服した32歳の司令塔は「肉体的にも精神的にも非常にいい状態」と万全を強調した。オーストラリアは1次リーグの4試合ではSOの先発にリアリーファノ、フォーリー、トゥームアの3人を併用した。

 イングランドは伝統の強力FWに加え、SOフォード、CTBファレルらバックス陣も好調だ。