両陛下が被害にお見舞いの気持ち

台風19号、宮内庁通じて

©一般社団法人共同通信社

 宮内庁は15日、台風19号の被害に対し、天皇、皇后両陛下のお見舞いの気持ちを発表した。両陛下は、亡くなられた方々を心から哀悼するとともに、安否不明の方々が早く見つかることや、被災された方々の生活が早く元に戻ることを心から願われているという。

 西村泰彦次長が定例記者会見で明らかにした。22日に予定している「即位礼正殿の儀」やパレード「祝賀御列の儀」などの開催については「現時点は計画通り」として、政府の対応を見守る考えを示した。

 また宮内庁は、20日に85歳の誕生日を迎える上皇后美智子さまの当日の祝賀行事も取りやめると発表した。