伊藤歩が「シャーロック」第3話に登場! ディーン・フジオカと推理バトル

©株式会社東京ニュース通信社

女優の伊藤歩が、10月21日放送のフジテレビ系連続ドラマ「シャーロック」(月曜午後9:00)に出演する。

同作は犯罪捜査専門コンサルタントの誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と精神科医の若宮潤一(岩田剛典)がバディを組んで数々の難事件を解決していくミステリーエンターテインメント。伊藤は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)が一目置く捜査二課の敏腕刑事・市川利枝子を演じる。

市川は5年前に渋谷の一等地で起きた巨額な地面師詐欺の一件を担当していたが、逮捕できたのは犯行グループの一人、吉野正夫だけ。主犯の守谷という男に大金が渡ったところまで突き止めたが、吉野以外のメンバーはいまだ行方知れず。そんな市川が獅子雄と接触するきっかけとなったのは、渋谷の空き家で60代男性の死体が発見された事件。この空き家こそ、5年前に地面師詐欺の舞台になった邸宅だった。詐欺グループを追う捜査二課の市川利枝子と殺人事件の謎を追う誉獅子雄。敏腕刑事と天才コンサルタントが交わった時、衝撃の結末が明かされる。

撮影について伊藤は「永山(耕三)監督とは1999年放送のドラマ『リップスティック』以来の再会でとても感動しました。当時を懐かしく思う気持ちや、再会できた感動、またご一緒できる感謝の気持ちなどいろんな思いが混じり合って、楽しくリラックスしながらも良い緊張感のもと撮影に臨めています」と報告。また、ディーン演じる誉獅子雄については「第1話、とっても面白く拝見しました! クスクス笑えるし、ディーンさんにしか出せない雰囲気があって。実際にお芝居でご一緒する際は“ここ、そういう感じなんだ!”とディーンさんならではの独特なシャーロック像を楽しく感じています。ディーンさんとは10年来の知り合いでして、こちらもまた面白い再会で幸せな気分です」と話している。