東京空港交通など7社、空港から丸の内店舗までのMaaS実証実験

©株式会社BCN

東京空港交通、東京シティエアターミナル(T-CAT)、日本交通、日の丸交通、三菱地所、JTB、ZMPの7社は、東京都の事業である「自動運転技術を活用したビジネスモデル構築に関するプロジェクト」に基づき、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)を活用して空港リムジンバス、自動運転タクシー、自動運転モビリティを連携させた都市交通インフラの実証実験を行う。期間は11月18日から12月1日までで、実験参加者は広く一般から募り、10月9日から専用サイトで公募を開始した。

実証実験の概要

実証実験では、成田空港/羽田空港とT-CATを結ぶ空港リムジンバス、自動運転タクシー、自動運転モビリティを連携することで、空港から丸の内エリアの店舗までへのスムーズな移動を目指す。

自動運転タクシーの走行区間は、東京都中央区のT-CATと東京都千代田区の丸の内パークビルを結ぶ約3kmのコースを予定している。「ZMP RoboCar MiniVan」を使って、日本交通と日の丸交通がタクシーサービスを提供する。空港リムジンバスと自動運転タクシーを組み合わせたサービスの提供を通じて、JTBがMaaSの概念に適応した新たな旅行サービスの商品化に関する検証も行う。

自動運転タクシー

また、自動運転タクシーの発着に合わせ、三菱地所丸の内パークビルおよび丸の内仲通りにて、一人乗り自動運転モビリティ「ZMP Robocar Walk」を使った実証実験を行う。空港リムジンバスと自動運転タクシー、自動運転モビリティが連携したサービスは世界初の試みとなる。

自動運転タクシーの走行予定エリア

実施時間は、午前10時から午後5時まで。料金は成田空港から丸の内パークビルまでで一人あたり3800円、羽田空港から丸の内パークビルまでで一人あたり1600円。自動運転タクシー料金はT-CATから丸の内パークビルまでが一台あたり1200円。