これからの働き方に悩むママ。決め手は「3人分の教育費」…!?

©株式会社サンケイリビング新聞社

30代前半の夫婦で3人の子育て中。すでに持ち家を購入し、貯蓄も多い優良家計ですが、今後ママの働き方が変わると、どうなるのでしょうか? お金のプロが答えます。

今回の相談者

家計簿 Check!

  • 月間収入(手取り)
  • パパ
  • 280,000円
  • ママ
  • 250,000円
  • 児童手当
  • 35,000円
  • その他(太陽光発電)
  • 8,000円
  • 月間支出
  • 住居費
  • 75,000円※
  • 保育料
  • 40,000円※
  • 保険料
  • 94,000円※
  • 水道光熱費
  • 22,000円※
  • 通信費
  • 13,000円※
  • 車費(ガソリン代含む)
  • 17,000円※
  • パパお小遣い
  • 30,000円
  • 食費
  • 40,000円
  • レジャー費
  • 30,000円
  • ママの財形
  • 70,000円
  • その他(日用品など)
  • 10,000円
  • ボーナス時収入(年間)
  • パパ
  • 700,000円
  • ママ
  • 450,000円
  • ボーナス時支出(年間)
  • 旅行・帰省費用
  • 300,000円
  • 保険料
  • 101,000円
  • ママの財形
  • 250,000円
  • その他(家電購入など)
  • 200,000円
  • 現在の貯蓄
  • 貯蓄
  • 10,000,000円

ミニアドバイス1「固定費」

固定費が手取り収入の45%という優良家計。住宅ローンは繰り上げ返済をしなくても、63歳で完済。変動金利への切り替えはタイミングが重要なので、金利動向をチェックしながら見極めましょう。

ミニアドバイス2「保険料」

保険料は高めですが、死亡保障と学資準備を兼ねた、貯蓄型の保険を活用中。子ども3人に200万円以上ずつ用意しています。その時々で利回りのいい保険を工夫しながら選んでいますね。

advice 1子ども3人私立中高だと2100万円超

まずは教育費について、きょうだいに不公平が生じるのはよくないので、3人に同額をかけると想定して計算しましょう。

文部科学省の学習費調査(平成28年度)によると、私立に通った場合の1年間の教育費は、中学で132万円、高校で104万円。合計すると中高6年間で708万円、3人分では2124万円になります。これは全国平均での計算なので、首都圏ではもっと高くなるはず。

このほか中学受験のための塾代や、留学する場合はその費用も必要です。ちなみに、中高6年間公立だと、1人279万円、3人分で837万円です。

advice 2外部サービスを活用しながら正社員の継続を

ママが正社員を辞めてパートになった場合、手取り収入は約200万円減り、将来の年金受給額も減ってしまいます。正社員を続けていれば、3人を私立中高に通わせるのも不可能ではありませんが、パートになると、進路の選択肢は狭まります。

フルタイム勤務では、家事や子育ての時間のやりくりが非常に難しくなりますが、家事代行サービスやベビーシッターなど、外部サービスも使いながら、なんとか乗り越えるのがおすすめ。一時的に出費が大きくなって貯蓄ペースが落ちても、中長期的に見ると正社員のままが断然、有利です。

財形7万+収支差額10万円を毎月貯金

result学費か働き方か優先事項を決めよう

結婚出産が早かったので、末っ子が22歳で就職すれば、ママ55歳、パパ54歳で教育費がゼロに。夫婦とも65歳まで正社員で働けば、学費も老後資金も問題ないでしょう。

一方、ママがパートになると時間の余裕はできますが、学費を抑えながら老後資金を蓄える必要があります。何を優先するかは夫婦の価値観によるので、よく相談しましょう。

診断してくれたのは

氏家祥美さん( ファイナンシャル・プランナー )

女性のためのお金と仕事の相談室「ハートマネー」代表。個人相談やメディアを通じ女性の活躍を支援。著書に「北欧式 お金と経済がわかる本」(翔泳社)他

※この記事は、2019年10月発行の「ぎゅって首都圏版」に掲載した記事を再編集したものです

illustration AKIBA Akiko