南北サッカー、平壌で対決

29年ぶり、無観客で

©一般社団法人共同通信社

平壌の金日成競技場で行われたサッカーW杯アジア2次予選の北朝鮮―韓国戦で握手する両国の選手たち=15日(韓国サッカー協会提供・共同)

 【ソウル、平壌共同】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)アジア2次予選の北朝鮮―韓国戦が15日、北朝鮮・平壌の金日成競技場で行われ、0―0で引き分けた。サッカー男子の平壌での南北対決は29年ぶり。

 韓国では「完全アウェー」の状況を警戒する声も多かったが、韓国サッカー協会によると観客はおらず、異例の無観客試合となった。北朝鮮の意図は不明。外国人観光客の観戦も認められなかったという。

 韓国側は取材団の派遣や生中継を要請したが、北朝鮮側から返答はなく実現しなかった。南北関係の冷え込みを反映したとみられる。