THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが待望の2ndアルバムをリリース! 「やっぱり自分たちもドームを目指したい」

©株式会社東京ニュース通信社

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEが待望の2ndアルバムをリリース! 「やっぱり自分たちもドームを目指したい」

待望の2ndアルバムをリリースするTHE RAMPAGE。作品の聴きどころや、今後の目標をLIKIYA、RIKU、神谷健太、吉野北人、浦川翔平、長谷川慎、鈴木昂秀、後藤拓磨が語った。

──1stアルバムから約1年。今回のアルバムには、その1年間で得たさまざまなものが詰まっている印象を受けました。

LIKIYA「1枚目のアルバムと比べて、かなり色濃くいろいろな表現ができたと自分たちでも思っています。きっかけになったのは、『WELCOME 2 PARADISE』。THE RAMPAGEのポップ感とファンが求めるものをいいバランスで融合できた楽曲だと思いますし、この楽曲のおかげで自分たちの幅が広がりました」

長谷川「1stアルバムは名刺代わり的な感じだったんですけど、今作は初のアリーナツアー後に制作したので、ひと回り成長した僕たちの姿を表現できた気がします。例えば『Move the World』という曲には、これから自分たちが世界を変えてやるぞ! というような決意も込められているんですけど、それも今の自分たちだから言えることだと思いますね」

浦川「その『Move the World』のMVでは、自分たちが踊っているバックに過去のMVの映像が流れるんですよ。そこには、これまでの自分たちの軌跡を振り返りながら、『さらに前に進んでいくぞ』という意味も込められている。だから、そういう部分にも注目してもらえるとうれしいです」

──(取材時は)新曲はまだ『Move the World』しか聴けていませんが、他にはどんな楽曲が入るんですか?

吉野「今レコーディングが終わったのは3曲なんですけど、全部ジャンルが違いますね。『So Good』っていう曲は今までやったことのない感じのコテコテのブラックミュージックですし、壮大なバラードではリリックでファンの皆さんへの感謝を表現しています。そういう曲をやってみて、僕自身もっといろいろなことに挑戦したくなりましたし、聞いてくださる皆さんにとっても今後のTHE RAMPAGEに期待が膨らむ1枚になっていると思います」

──DVD、Blu-rayにはMVやアリーナツアーのドキュメント映像が、さらに豪華盤にはアリーナツアーの公演の模様が収録されるとのこと。初めてアリーナツアーを経験し、どんなことを感じましたか?

鈴木「今回のツアーではやりたいことがすごくできましたし、一人一人の個性も光っていたと思うんですよ。だからこそ、そこにもっともっと磨きをかけていきたい。そうやって自分たちをパワーアップさせて、次のツアーでは、今回以上に爆発できればなと思っています」

神谷「僕たちは結成して約5年なんですけど、その5年間で経験したことをアリーナツアーに詰め込めたので、これまでやってきた形は今回で一旦固まった気がするんです。だから、そこからさらに上に行くためにはどうしたらいいかを今後は考えていきたいと思っていますね」

──’20年の活動に関しては、どんな目標をお持ちですか?

RIKU「来年はLDH PERFECT YEAR 2020ということで、ライブを軸にさまざまなエンターテインメントを発信する年になります。だから、その大きな波の中心にいられるような自分たちでいたいと思っています。そのために大事なのは、一人一人ができることを突き詰めていくこと。それができれば、きっと’20年も今年以上に飛躍できると思いますから」

後藤「先日三代目(J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)さんのライブを拝見して、やっぱり自分たちもドームを目指したいという気持ちが強くなりました。だから、いつかはそこにたどり着きたいですし、それプラス海外でもパフォーマンスしてみたい。そこで刺激を受けることが、もっとTHE RAMPAGEが伸びるきっかけになる気がします。どちらも来年より先の目標にはなるかもしれないですが、必ず実現させたいですね」

【OUR MUSIC~思わず体が動く】

吉野「最近はポスト・マローンさんですね。声の質感やビートが、すごく好き。LIKIYAさんに教えてもらって聞いたんですけど、歌メロラップみたいな感じで聞きやすいんです。しかもビートもカッコイイので体が動いちゃいますね」

LIKIYA「僕はトラビス・スコットさんの曲です。今、かなり勢いがあるし、ファンと一緒になってライブを作る感じがすごくカッコイイんですよ。そのライブの光景が曲を聞いていると浮かんでくるので、思わず乗っちゃいますね」

RIKU「僕は『ライオン・キング』の『ハクナ・マタタ』ですかね(笑)。子どもの頃からディズニーが大好きなので。もちろん他にも好きな曲はいっぱいあるんですけど、結局、人が音楽に求めているのはハッピーだと思うんですよ。『ハクナ・マタタ』も“悩まずに生きていくことが幸せじゃない?”ということを歌っている曲だからメッセージがあるし、メロディーも良ければ優しさもある。全部そろっているので最強の曲ですね」

【プロフィール】


THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
’17年1月「Lightning」でメジャーデューしたダンス&ボーカルグループ。川村壱馬、吉野北人、龍、鈴木昂秀出演の映画「HiGH&LOW THE WORST」が公開中。

【作品情報】


「THE RIOT」
10月30日発売
¥3,278ほか(rhyzhm zone)

「THROW YA FIST」以降にリリースされたシングル曲に加え、アルバムのリード曲となるアグレッシブなロックチューン「Move the World」などの新曲も多数収録。初のアリーナツアーを経て、成長したTHE RAMPAGEの今が詰まったアルバムとなった

【プレゼント】


サイン入り色紙を1名様にプレゼント!

ハガキでの応募方法は「TVガイド」10/25号(P114)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://zasshi.tv/category/TVG