ロシア、トルコ首脳が電話会談

シリア情勢を緊急協議

©一般社団法人共同通信社

 【モスクワ共同】ロシア大統領府によると、プーチン大統領は15日、エルドアン・トルコ大統領と電話会談し、トルコの軍事侵攻で緊迫するシリア情勢を緊急協議した。両首脳は、シリア北部に侵攻したトルコ軍とシリア政府軍の衝突回避が必要だとの認識で一致。最終的にはシリアの領土保全を確保することを確認した。

 プーチン氏は、トルコ軍の侵攻を利用し、過激派組織「イスラム国」(IS)の戦闘員らが、シリアから周辺国に逃げ出しているとの懸念を表明した。

 プーチン氏はエルドアン氏に近日中のロシア訪問を要請、エルドアン氏は同意した。