酔って店員にタックル、ウルグアイ2選手を聴取 ラグビーW杯後の未明

©株式会社熊本日日新聞社

 熊本市で13日にあったラグビーワールドカップ(W杯)のウェールズ戦で敗れたウルグアイ代表の2選手が試合後の14日未明、同市中央区花畑町の飲食店で、従業員にタックルするなど暴れ、熊本中央署の事情聴取を受けていたことが15日、分かった。ウルグアイ代表は同日、離日した。

 日本大会組織委員会(大会組織委)や店関係者によると、県警の聴取を受けた選手2人を含むウルグアイ代表のグループは、14日未明までに入店。選手が酒に酔い、店内で暴れたため、約10人の従業員で止め、騒ぎが収まってから110番通報した。当時、店内には外国人を含め100人以上の客がおり、同国のメディアとみられる関係者もいたという。

 大会組織委には、チーム関係者から「店内で飲酒し、酒に酔った状態で店の従業員にタックルをした」と報告があった。

 店側は弁護士を通して交渉する構えだが、従業員のけがや店内備品の損壊など、被害状況は明らかにできないとしている。店関係者によると、骨折などの大けがはないが、診断書を取るため医療機関を受診した従業員もいるという。

 大会組織委は「プライベートな時間とはいえ、W杯代表選手が非人道的行為を行ったことは非常に遺憾。組織委としては、被害を受けた店側とチームの間に立ち、事案の解決に向けた調整など誠意を持って行う。警察やウルグアイ大使館などから情報提供の要請があれば全面的に応じる」としている。(W杯取材班)

(2019年10月16日付 熊本日日新聞朝刊掲載)