初心者必見! 東京モーターショー2019のおすすめスポット

©オートックワン株式会社

東京モーターショー2019

今年の会場は東京ビッグサイトのみならずMEGAWEBへも拡大

今回の東京モーターショー2019は従来と違い、過去最大規模となる5つの会場で開催される。会場は「東京ビッグサイト 青海展示場」、「MEGAWEB」、「オープンロードエリア」、「東京ビッグサイト西・南展示場」、「TFTビル横駐車場」となる。そのため常連の人は毎年の流れで東京ビッグサイトで降りてしまうと、場合によっては遠回りになってしまうので注意が必要だ。

主にトヨタやスバルなどがブースを出展する東京ビッグサイト 青海展示棟や、NTTやパナソニック、NECなどが展開する90以上の未来体験型コンテンツが用意されるMEGAWEBのある青海エリアが目的なら、最寄り駅はりんかい線・東京テレポート駅、もしくは、ゆりかもめ線・青海駅となる。

東京モーターショー2019 アクセスマップ

一方で、日産やホンダのブースがある東京ビッグサイト 西・南展示棟や、スーパーカーの展示、ドリフト同乗体験などが行われる「ドライブパーク」エリアのあるTFTビル横 駐車場などがある有明エリアが目的の人は、ゆりかもめ線・東京ビッグサイト駅が最寄り駅となる。

そして上記で紹介した青海エリアと有明エリアを繋ぐのが、後ほど紹介する「オープンロードエリア」となる。

このように、従来の東京モーターショーと比べると複雑なブース展開となるため、あらかじめ目的のブース位置を把握しておくことが重要だ。

「初めてで、事前に行く場所は決まっていない」という方には、以下で紹介しているオープンロードエリアをおすすめしたい。というのも今回の東京モーターショー2019のテーマは“未来の生活”なので、スタートからオープンロードエリアを通過することで、いち早く東京モーターショー2019の世界観を味わえるからだ。

それではここから東京モーターショー2019のおすすめスポットを紹介していくので初めて行く人や、常連の人も含め、ぜひチェックしていただきたい。

TMS2019おすすめスポット その1:未来の世界を実体験できる! オープンロードエリア

東京モーターショー2019

今回の東京モーターショーのテーマは“未来の生活”。まさにその“未来”の世界を実体験できちゃうのが、会場である東京ビッグサイトとMEGAWEB(メガウェブ)を繋ぐオープンロードエリア(無料)だ。

オープンロードエリアでは、未来の超小型モビリティや、電動キックボードなどを試乗できる。また「ドライブパーク」と名付けられた2輪・4輪の最新車種の試乗や、クルマ好き有名人によるトークショーなど盛りだくさんのコンテンツが用意されている。

さらにFIA公認のドローンレースを国内初開催するうえ、その決勝大会には日向坂46がライブを行うなどクルマ好き以外も楽しめる内容となっている。

もちろんオープンロードエリアを通らずとも、東京ビッグサイト駅発の無料シャトルバスで有明エリア~青海エリアを移動することもできる。が、オープンロードエリアでは“未来の生活”をいち早く体感できるので、筆者的にはオープンロードエリアを使っての移動をおすすめしたい。

詳しくは以下の記事を見ていただき、ぜひ当日に体験してもらいたい!

TMS2019おすすめスポット その2:エンタメ要素満載のトヨタブース

「PLAY THE FUTURE」。これは東京モーターショー2019のトヨタブースのテーマだ。今年のトヨタは、これまでのモーターショーとは打って変わって、未来の生活を体感できる「モビリティのテーマパーク」を表現する。以下は、開幕に先立ち公開されたティザー画像。

ブースのテーマは「PLAY THE FUTURE」|トヨタ 東京モーターショー2019会場は未来空間を体感出来る「モビリティのテーマパーク」になる!?

画像では、

参考出展される自動運転のEV小型バス「e-Palette(イー・パレット)」

が走っているほか、上空にはドローンらしき飛行体が飛び交い、歩道ではなにか小型のモビリティが走行している様子が見える。

現時点で公開されている画像は上記のティザー1枚のみだが、この画像だけでもかなり先進的かつ、未だ味わったことのないような“未来体験”を楽しませてくれることは間違いなさそうだ。

以下の記事で、EV小型バスe-Palette含め、超小型モビリティや、最先端テクノロジーを搭載したコンセプトカー LQを、ぜひ今のうちチェックしてきただきたい。

TMS2019おすすめスポット その3:遊んで学べる!? キッザニアの職業体験ブース

東京モーターショー2019

こどもの職業・社会体験施設「キッザニア」を企画・運営する KCJ GROUP 株式会社が、青海展示棟(青海エリア)で展開する職業体験ブース「Out of KidZania in TMS2019」

キッザニアエリアでは小学生向けに、トヨタや日産、ダイハツなど国内主要メーカーをはじめとした各メーカーの職業体験を楽しむことができる。その他、ホンダからはレーシングドライバーの仕事、さらに三菱からは、新しいクルマをデザインする仕事の体験など、貴重なコンテンツが盛りだくさんの内容となっている。

以下の記事では、キッザニアブースに出展する全10社が展開する職業体験の詳細を記載しているので、東京モーターショー2019に行く前に要チェックだ!

まとめ

と、紹介したように東京モーターショー2019は、“未来の生活”がテーマというだけあって“体験型コンテンツ”が盛りだくさんの内容となっている。

もちろん当記事で紹介したブース以外でも、ホンダやスバルなど、新型車のワールドプレミアを控えているメーカーもあるので、体験型コンテンツのみならず、当日の新型車発表も含め要チェックだ!

東京モーターショー2019 概要

■開催期間

・2019年10月24日~同年11月4日

■プレビューデー

・10月25日:9時~14時

■一般公開日(月~土曜日)

・10月25日:14時~20時

・10月26日、10月28日~11月2日:10時~20時

■一般公開日(日曜日・祝日)

・10月27日、11月3日、11月4日:10時~18時

チケット料金について

■プレビューデー:3,800円(枚数限定/小学生以下無料:保護者同伴)

■一般公開日:一般 2,000円(前売1,800円、日曜・祝日除く16時00分以降(当日会場売)1,000円)

※高校生以下無料 障がい者手帳をお持ちの方(要手帳提示)、本人及び付添者1名(車いす利用者の場合2名まで)無料

[MOTA編集部]