時津町長選 吉田氏 無投票3選 

©株式会社長崎新聞社

無投票で3選を決め万歳する吉田氏(中央)=15日午後5時11分、時津町浦郷の選挙事務所

 任期満了に伴う西彼時津町長選は15日告示され、現職の吉田義徳氏(72)=無所属=以外に立候補の届け出はなく、吉田氏が3選した。同町長選は2011年の前々回から無投票が続いており、吉田氏は初出馬以来、3期連続の無投票当選となった。
 吉田氏は1969年、同町職員として採用。福祉部長などを務め、副町長を辞職して町長選に立候補、初当選した。継続中の区画整理事業や交通渋滞対策などに引き続き取り組みたいとして、今年7月、3選出馬を表明していた。
 同日午後5時すぎ、同町浦郷の選挙事務所で支援者にあいさつした吉田氏は「力強いご支援、ご協力をいただき感謝に堪えない。信頼に応えるべく今後4年間、町政発展、住民福祉の向上に一生懸命取り組みたい」と述べた。

【略歴】町長(元)副町長、町福祉部長、町建設部長▽県立長崎工高卒(3)