韓国、0.25%利下げ

最低水準、景気減速で

©一般社団法人共同通信社

韓国銀行(中央銀行)=ソウル(ロイター=共同)

 【ソウル共同】韓国銀行(中央銀行)は16日、金融通貨委員会を開き、基準金利を0.25%引き下げて年1.25%とすると発表した。7月にも0.25%利下げした。聯合ニュースは約2年ぶりに過去最低水準に戻ったとし、韓銀は景気減速が深刻な状況だと判断したとの見方を伝えた。

 韓銀は背景として、輸出や設備投資の不振が持続し、消費も伸び悩んでいることから経済成長が引き続き鈍化したと指摘。世界的な成長鈍化や、米中貿易交渉の先行きに対する不透明感も挙げた。消費者物価の上昇率もマイナスになったとした。日本政府の半導体材料の輸出規制強化も韓国経済の重しになっている。