折りたたみスマホ「Galaxy Fold」日本上陸 au独占で

©株式会社ジェイ・キャスト

au(KDDI)は、サムスン電子製スマートフォン「Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド) SCV44」を2019年10月25日に発売する。

「大画面化と持ちやすさの両立」へのGalaxyからの回答

広げると約7.3型、たためば約4.6型に

メインディスプレーに折りたたみ可能な約7.3型有機EL「Infinity Flex Display」、外側に約4.6型有機ELカバーディスプレーを搭載。閉じた状態は幅約63ミリになり、大画面と持ちやすさを兼ね備えたという"フォルダブルデザイン"。

閉じた状態から画面を開くだけでアプリを大画面表示へと切り替えられる。最大3つのアプリを同時に起動可能なマルチタスクに対応し、大画面を3分割で表示することで、動画や写真を見ながらメッセージの返信やポップアップディスプレーの表示ができる。

広角、超広角、望遠の3つのメインカメラ、セルフィー、RGBの2つのサブカメラに加え、セルフィー用のカバーカメラ、計6つのカメラを装備。開閉状態に関わらずどのアングルからでも撮影が可能で、タップによりフォーカス範囲を調節できる「背景ぼかし」、人の視野角とほぼ同じだという123度の「超広角撮影」など、手軽に幅広い表現の撮影ができる。

メモリーは12GB、内蔵ストレージは512GB。頻繁に使用されるアプリを最適なタイミングで自動起動するなど、ユーザーの習慣に合わせる「ディープラーニング」機能を搭載する。

ワイヤレス充電「Qi(チー)」に対応。バッテリー2台を内蔵し、容量は4380mAh。ほかの機器を充電できる「ワイヤレスパワーシェア」機能を備える。OSは「Android 9」をプレインストール。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 5.0をサポートする。

ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」、アラミドファイバーケース(いずれも試供品)などが付属する。

カラーはスペースシルバー。<J-CASTトレンド>