「死役所」主演・松岡昌宏に原作・あずみきしが太鼓判!「“いけるな”と思った」

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系で10月16日にスタートするドラマホリック!「死役所」(水曜深夜0:12)の第1話放送に先駆けて、主演の松岡昌宏と原作者・あずみきし氏のスペシャル対談が行われた。

同ドラマは、あずみ氏の累計300万部(電子書籍含む)を超える大ベストセラー漫画「死役所」を映像化するもの。“生と死”や“天国と地獄”といった深いテーマを魅力ある個性的なキャラクターたちが時に軽やかに、時に厳かに魅せる人間ドラマ。主演の松岡ほか、黒島結菜、清原翔、松本まりか、でんでんなど実力派俳優が集結し、出演者発表と共にTwitterでのトレンド入りを果たすなど、放送前から話題となっている。

松岡主演でのドラマ化について、あずみ氏は「ありがたいことに、これまでドラマ化のお話を本当にたくさんいただきまして。今回は『主演は松岡さんで』とおうかがいして、『いけるな』と思いました。読者の方は、肯定派も否定派ももちろんいると思いますけど、単純に私は『見たい!』って思いました。私のいきつけの美容師さんも『シ村にぴったりです。って言っておいて』って(笑)」と喜びのコメント。それを受け松岡は、「本当ですか? ありがとうございます。その方に『あなた様は仏様です』って言っておいてください(笑)。俺は原作を読んで、『なぜ俺にシ村がきたんだろう?』って謎でしたけどね(笑)」と率直な心境を明かした。

役づくりについて、松岡が「僕はいつも役のバックボーンを設定するんですけど、シ村の場合、以前実際に起きた痛ましい事件をふと思い出して。もしかしたら、シ村はそういう悲劇を経験した人なのかもしれないと思った。その悲しみや痛みを想像しながらもう1回台本を読み直したら、人間性がしっくりイメージできるようになりましたね」と話すと、あずみ氏は「はぁー、バックボーンを考えるなんて、すごいですねぇ…!」と感心。

「もう漫画の結末は決まっているんですか?」という松岡の質問に、あずみ氏が「まだ決まってないんですよ。まだまだ書きたいものはたくさんあって、何パターンか考えていますから。いくらでも書けると思っています」と答えると、松岡は「それは助かった! 先生の中でオチが決まっていると、結末に合わせて僕の芝居も変えなきゃいけない。完璧に決まっていたら、シ村のキャラの方向性が微妙に違ってくることもあるので、ほっとしました」と安堵の表情を浮かべると、あずみ氏は「あはは。しばらく決まらないです」と笑顔を返した。

あずみ氏の初撮影現場潜入の模様や、松岡の役づくり秘話などを盛り込んだスペシャル対談完全版は、10月21日発売の「月刊コミックバンチ」2019年12月号に掲載される。

ドラマ第1話(10月16日放送)は、三樹ミチル(黒島)が見知らぬ場所で目を覚ましたところから始まる。ここはどこなのか? 戸惑うミチルに声をかけたのは、総合案内係として働くシ村(松岡)だった。シ村の言葉で殺されたことを思い出したミチルは、他殺課でイシ間(でんでん)に「どうすればあの女に復讐できるのか」と訴える。その頃、シ村はベンチに座る中学3年生の鹿野太一(織山尚大)に声をかけていた。シ村は、曲がった脚を見て、自殺課へ連れていく。成仏するには、成仏許可申請書に具体的な自殺理由を書かねばならない。ためらいながらも書き始める太一だったが、自殺の要因となった陰湿ないじめ、無関心な両親など嫌な過去がよみがえり錯乱してしまう。そんな中、太一はシ役所である人物と遭遇する…。