経団連名誉会長・榊原定征が語る、日本の進むべき研究開発のあり方

©株式会社ニッポン放送

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(10月13日放送)に、元東レ株式会社社長で日本経済団体連合会名誉会長・2025年国際博覧会担当大使の榊原定征が出演。これからの日本に必要な研究開発について語った。

自見はなこ:学生時代は、学費を稼ぐためにアルバイトや研究と、大変お忙しかったそうですね。

榊原:家が裕福ではなかったので、親からの学費と生活費の仕送りは期待できませんでした。奨学金と、週に2度の家庭教師のアルバイトで生活していました。私は工学部の応用化学科で化学を研究していて、研究室には学部時代に2年、大学院時代に2年、計4年いました。科学は新しいものを作る研究です。楽しい反面、大変時間がかかります。ひとつの化学反応だけで20時間、30時間くらい張り付いていなければならないので、しょっちゅう研究室に泊まっていました。シュラフという寝袋を研究室に持ち込んで、2時間おきに起きていました。

自見:チェックしないといけないから。

榊原:そうやって、ほとんど研究室に居ついていました。

淵澤由樹(アシスタント):住んでいる状態ですね。

榊原:はい。4年間で10本の論文を提出しました。

自見:そして東レに入社されても、「炭素繊維」の研究に没頭されるのですよね。

榊原:「炭素繊維」はさまざまな世界の企業が研究、開発を目指しましたが、ことごとく撤退しています。難しく、時間がかかり、開発費もどんどんかかったからです。開発するには長期的な基礎研究が必要で、日本にはそういう風土があります。我々のような経営者、研究者も「これは企業の柱になる」という確信があるから、時間やお金がかかっても必ずやり遂げるという経営者の意志、研究者の情熱があります。しかし、欧米は短期的な視点になります。日本がこれから目指すのは長期的で、きわめてレベルの高い研究開発に基づく製品を作り出して行くこと。それが日本の進むべき道だと思います。

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト
FM93AM1242ニッポン放送 日曜 6:04-6:13