天海祐希が「ノー膝枕!」

ムロから吉永をガード

©一般社団法人共同通信社

舞台あいさつした(左から)犬童一心監督、前川清、満島ひかり、天海祐希、吉永小百合、ムロツヨシ、「ももいろクローバーZ」の佐々木彩夏、百田夏菜子、玉井詩織、高城れに=東京都内

 ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが主演したハリウッド映画をリメークした「最高の人生の見つけ方」の公開記念イベントが東京都内で開かれ、上映後に俳優の吉永小百合、天海祐希、ムロツヨシらが舞台あいさつした。

 共に余命宣告を受けた真面目な主婦幸枝(吉永)と大金持ちの女社長マ子(天海)が、同じ病院で出会った少女が書いた「死ぬまでにやりたいことリスト」を手にし、それを実行しようと、珍道中を繰り広げる。

 ムロは、2人の旅をサポートするマ子の秘書を演じた。台本にあった吉永に膝枕されるシーンを楽しみにしていたが、撮影では一転、天海が「ノー膝枕!」とアドリブでムロを阻止したという。

 ムロは「何回やっても『ノー膝枕!』だった。一生の思い出になるはずのシーンだったのに」と嘆き節。天海は「今回は無理。次回お願いします。監督も(アドリブを)止めなかった」と切り捨て、吉永は「私は常に、マ子さんに付いていきます」とほほ笑んだ。

 映画にはアイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーが本人役で出演。実際のももクロのライブで撮影が行われ、吉永と天海が振り付けに挑戦した。百田夏菜子は「お二人の踊りが完璧だったので、私たちが間違えないか一番緊張しました」と振り返った。

 他に共演の満島ひかり、前川清、犬童一心監督が登壇した。