谷本清平和賞に矢川光則氏

広島、被爆ピアノを調律

©一般社団法人共同通信社

矢川光則さん

 公益財団法人「ヒロシマ・ピース・センター」(広島市)は16日、平和活動に貢献した個人や団体に贈る「第31回谷本清平和賞」に、自ら修理した「被爆ピアノ」を使って全国各地でコンサートを開いているピアノ調律師の矢川光則さん(67)=同市=を選んだと発表した。

 祖父母と両親が広島で被爆し、矢川さんは被爆2世。古いピアノを直して福祉施設に寄贈するボランティアをしていた縁で、広島の被爆ピアノに出合い、修復して2001年からコンサートを始めた。以降、自ら運転するトラックにピアノを載せ、47都道府県で通算2千回に及ぶ演奏会を開き、原爆の悲惨さを訴えてきた。