森七菜が寅さんの初恋の人・さとこ役で「少年寅次郎」出演!

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で10月19日にスタートする連続ドラマ「少年寅次郎」(土曜午後9:00、全5回)に森七菜が車寅次郎(藤原颯音、井上優吏)の初恋の人・さとこ役で出演することが決まった。11月2日放送の第3話から登場する。

ドラマは山田洋次監督の小説「悪童 寅次郎の告白」を原作に、国民的映画「男はつらいよ」の主人公・寅次郎の少年時代を描くもの。寅次郎の母・光子(井上真央)を主人公に、寅次郎出生の秘密から、戦争をはさんだ悪ガキ時代、そして最愛の妹・さくらに見送られて葛飾柴又の駅から14歳で旅立ち、“フーテンの寅”が誕生するまでが明かされる。

森が演じるさとこは、寅次郎の実家・くるまやの裏にある朝日印刷の工員で、山形出身でとても素朴で素直、はつらつとした愛くるしさに寅次郎はメロメロになってしまう。さとこはそんな寅次郎の気持ちには気づかず、弟のように優しく接するという役どころとなる。森は「皆さんが知っている、皆さんが愛している、寅さん。そんな寅さんの初恋の相手・さとこを演じさせていただきとても光栄です。寅ちゃんとの撮影は、笑ったり、楽しんだり、まるで本当の2人になれた気分になりました。その2人の気分を見ている皆さまにも感じていただけるとうれしいです」と出演の喜びを語っている。

ドラマを制作統括する小松昌代氏は「なんといっても、寅次郎の初恋の人です。そして、さとこから寅さんの片思い人生が始まります。かれんでなければいけません。『無理だろう』と私たちは思うけれど、当の本人はなにも気づかず、とても優しく寅ちゃんに接します。ちょっと残酷な若さが必要です。めきめきと活躍の場を広げる森七菜さんは、どんなに大勢の中でも、埋もれずきらめく心(しん)の強さをお持ちです。そして野の花のようです。森七菜さん演じるさとこに、誰もが懐かしい初恋の人を思い出すに違いありません」と森の起用理由を明かし、期待を寄せている。